パリと日本で舞台、買い物、美食、夜遊びを楽しむ女二人旅。パリのお得情報もお楽しみに!


by musica_k

海賊版の楽譜

パリの東駅の西側には、楽譜屋さんや楽器屋さんが並ぶ通りがあります。もちろんパリにはここ以外にも音楽関係のショップはあるのですが、やはりいくつもお店が集まっているほうが見比べるのに便利ですよね。ここは、ツアーで行ったときの現地添乗員さんに教えてもらいました。基本的にクラシックの楽譜はピアノやオーケストラのスコアなど、需要が多そうなものしか国内版はないので、室内楽などの楽譜は欧米の現地で買ったほうが種類も多くて安いです。(注:しかしCDは逆!)絵看板もあったりで見ていて楽しいですよ。
以前、ここでベートーベンのピアノソナタ集の楽譜を45フランで買ったことがあります。ユーロ導入前だから、800円くらい。日本で買ったら3000円近くすると思うので「やすっ」とばかりに飛びつきました。表紙も見たことのある会社のだったし。

ところが、帰国してからよくよく見ると聞いたことのない出版社名なのです。日本の楽譜屋さんに聞いてもらちがあかなかったので、これはおそらく海賊版ではないかということで落ち着きました。海賊版というと、東アジアの某国が有名だけどパリにも堂々と売られていましたよ。そして、それを買った私っていったい・・・・でも、細かい注釈なんかもちゃんとついてて使用するには問題ないんだけどね。

応援いつもありがとうございます!クリックよろしくお願いします。
人気ブログランキング参加中!
[PR]
by musica_k | 2005-04-21 19:05 | 音楽、舞台鑑賞