パリと日本で舞台、買い物、美食、夜遊びを楽しむ女二人旅。パリのお得情報もお楽しみに!


by musica_k

パリでの買い物は安いか

世界中のどこで買うといちばん安いか?というのは永遠の女性のテーマ?ですね。(CanCamなどでも長期休暇前によく特集しているとおり)私も色々調べたり、実際に経験したことをまとめたいと思います。
基本は
「免税できるブランド品はその国で買うのが一番安い」

つまりフランス発のChanel、Hermes、YSL、Cartierなどの高級ブランド品、またエルベ・シャプリエ、アガタなどカジュアル品でもフランスで買うのが一番安いです。
しかしNYのように免税のない地域だと、ティファニーは最安とはなりません。またセールなどはこの限りではありません。ちなみに化粧品はお店によって値段が違うので、高価格品を狙う場合は要注意(「シスレイヤを買う」を参照)また他のEU圏ならフランスより数%高いですが、他の地域で買うよりはやはり安いです。ただ移動費は考慮していませんので、総括的に見ると韓国やグアムで買うほうが安い場合もあります。ただパリだと本店で買うというハイソ感はありますよね。

私の場合、前回は04年11月にパリに行ったのですが、直前に急にユーロ高が進んだため、成田で買うのが化粧品もカルティエも一番安かったと思われます。
ポイントは「いつの為替レートで換算されるか」。
基本的に日本での海外ブランド品の価格はその日のレートを反映しているわけではなく、2~3ヶ月前のレートです。ところが、フランスで買うと大抵カードで支払うので、精算が1ヶ月くらい先になります(カード会社によっては当日のレートの場合もあり)。ユーロ高傾向だと1ヵ月後はさらにお高くなります(泣)。なのでユーロ高・円安傾向にあるときは成田・関空で買うのが一番安いです。日本円表示だと、為替差損は出ませんから。
また並行輸入店で買う方が安いときもありますが、アフターケアがないので私はお勧めしません。そもそも正規店の高級な雰囲気、アフターケアを含めて高級ブランドでは?

あとユーロの現金で払うとかなり割高になります。ちなみに8月31日は1ユーロ136円。私の経験で言うと、ユーロが130円を超えると、お得感はありませんね。まあ、2ヵ月後に日本価格も値上がりするのでそれを考えると同じですが。逆に110円を割ると、かなりお得感があります。ちなみに色んなサイトで為替のチャートが出ているので、それを見て傾向を考えるのもよいお勉強になりますよ。とりあえずのおすすめは
読売新聞マネー

いつもありがとうございます!クリックお待ちしています。
人気ブログランキング参加中!
[PR]
by musica_k | 2005-09-01 12:11 | ブランドショッピング