パリと日本で舞台、買い物、美食、夜遊びを楽しむ女二人旅。パリのお得情報もお楽しみに!


by musica_k

カテゴリ:音楽、舞台鑑賞( 13 )

年末のオススメ

b0031950_15165014.jpg日本人はベートーベンの第九交響曲が大好き。特に年末の二週間くらいはどのホールでも第九をやってますよね。もちろん私も大好きで、これを書いてる今も聞いてます。

でも第九って本場の欧米ではあまり人気ないんですよね。私は旅行のたびに現地のホールの演目をホームページで調べるのですが、第九のプログラムを見たことがありません。パリでも状況は同じです。

なので、年末最後のおふたりさまでパリを~では録音でのオススメを教えて締めたいと思います!これならおうちで聴けるしね。

バーンスタイン指揮、オーケストラはバイエルン放送交響楽団(西独)にドレスデン国立管弦楽団員(東独)、パリ管弦楽団員、ニューヨークフィル団員、ロンドン交響楽団員、キーロフ管弦楽団員(旧ソ連)が混ざるという国際的編成です。
これらの国は第二次大戦でドイツと戦った連合国。

なぜかと言うと、この録音はベルリンの壁崩壊を祝って行われたコンサートのライブだから。これまでの敵味方を融合する編成なんです。

そして合唱部分は本来の歌詞の「喜び」が「自由」に置き換えて歌われています。
ライブだからすごいノリのある演奏だしちょっと重めなテンポ感がオススメです。グラモフォンから出てます。

本年も一年間、当ブログにお越しくださりありがとうございました。来年もよろしくお願いします。
[PR]
by musica_k | 2005-12-31 11:23 | 音楽、舞台鑑賞

ジャズ・デビュー

b0031950_1133579.jpg自分の範囲外のものに初めて触れて、それが五感にヒットしたらものすごく幸せ。みなさんもそういう出会いの経験ないですか?(ついでにそれがフランス関係だったらもっとマルです)

今回のモノは「ジャンゴ・ラインハルト」というフランスのジャズ・ミュージシャンの「ジャンゴロジー」というアルバム。
1949年にローマのクラブに出演した際に録音されたものというから、かなり古いです。ジャズの本場はアメリカだけど、これはやはりヨーロッパ色が強いから、私の好みにヒットしたのかもしれません。この人は、ギタリストなのですが、アルバムはヴァイオリンのステファン・グラッペリとのセッションです。
タワーレコードの試聴版を聴いて、一目ボレしました。ぜひ聴いてみることをオススメします。

ブログを読んでいただいてたら分かると思いますが、基本的に私の音楽の好みはクラシック一本です。でも、クラシック仲間にはジャズが好きな人もいますし、楽譜屋さんとか行っても、たいていクラシックとジャズのコーナーって隣同士の配置なんですよね。なんで、今までジャズに手を出さなかったのかな?て不思議なくらい、今回の出会いは衝撃でした。もっともジャズといっても様々な音があると思うので、今回は本当にその一部に触れただけなんですけどね。

音だけじゃなくて、ジャケットも素敵でしょ。クラシックでもこんなのを見たことがあるような。これは本当はギターなんだろうけど、ヴィオラ・ダ・ガンバみたいな雰囲気がします。

アマゾンの該当ページ

応援いつもありがとうございます!クリックよろしくお願いします。
人気ブログランキング参加中!
[PR]
by musica_k | 2005-06-29 11:35 | 音楽、舞台鑑賞

2006年の「熱狂の日」

先日、記事にした「熱狂の日」ですが、成功したようです。
報道記事を読んだかんじでは、成功の原因は3つ。まず、チケット代が1500円からと欧米なみに安い。常々思うことですが、日本はクラシックのチケット代が高すぎます。いい席が高いのは悪くはないですが、よくない席でも高いのはまずい。
2つめに普段のクラシックコンサートでの暗黙の了解が外されたこと。就学前児童が入場できたり、ロビーに屋台がたったり、専用の音響装置がない場所でも演奏したり。また、特にクラシック愛好家の男性はえてして難解な曲を好みますが、今回「運命」「田園」「合唱つき(歓びの歌)」は、会期中なんと3回ずつ演奏されました。また終演は午後11時と、こんなに遅いのもまた異例。
3つめに、こんなにいろいろ初心者向けの取り組みがされているのに、演奏家が一流だったこと。これはナント市でオリジナルの「熱狂の日」を成功させたルネ・マルタン氏の持つネットワークのためかな。

このイベント、来年のゴールデンウィークにも開催が決定し、テーマは「モーツァルト」。これもまた、人気の作曲家ですから今年以上に盛り上がるでしょうね。東京開催なのが大変だけど、来年は行ってみようかな。
でも、この記事のような意見もあるし・・・この気持ちも分かるからなぁ。

応援いつもありがとうございます!クリックよろしくお願いします。
人気ブログランキング参加中!
[PR]
by musica_k | 2005-05-11 21:03 | 音楽、舞台鑑賞

海賊版の楽譜

パリの東駅の西側には、楽譜屋さんや楽器屋さんが並ぶ通りがあります。もちろんパリにはここ以外にも音楽関係のショップはあるのですが、やはりいくつもお店が集まっているほうが見比べるのに便利ですよね。ここは、ツアーで行ったときの現地添乗員さんに教えてもらいました。基本的にクラシックの楽譜はピアノやオーケストラのスコアなど、需要が多そうなものしか国内版はないので、室内楽などの楽譜は欧米の現地で買ったほうが種類も多くて安いです。(注:しかしCDは逆!)絵看板もあったりで見ていて楽しいですよ。
以前、ここでベートーベンのピアノソナタ集の楽譜を45フランで買ったことがあります。ユーロ導入前だから、800円くらい。日本で買ったら3000円近くすると思うので「やすっ」とばかりに飛びつきました。表紙も見たことのある会社のだったし。

ところが、帰国してからよくよく見ると聞いたことのない出版社名なのです。日本の楽譜屋さんに聞いてもらちがあかなかったので、これはおそらく海賊版ではないかということで落ち着きました。海賊版というと、東アジアの某国が有名だけどパリにも堂々と売られていましたよ。そして、それを買った私っていったい・・・・でも、細かい注釈なんかもちゃんとついてて使用するには問題ないんだけどね。

応援いつもありがとうございます!クリックよろしくお願いします。
人気ブログランキング参加中!
[PR]
by musica_k | 2005-04-21 19:05 | 音楽、舞台鑑賞

オペラ座の試み

オペラでランチという新しい試みが、パリ・新オペラ座(バスティーユ)で始まったようです。木曜の1時から2時までサンドイッチ付でオペラが見られるらしく、しかも無料!1時間というからには、全幕は見れないと思いますが。オペラって短くても2時間強、長いものだと5時間以上という上演になるので、私のスキな梅田のフェニックスホールでも、夜にコンサートを聞きに出られない人のために、ティータイム・コンサートをやってるしね。

そしてオペラ座のモルティエ総裁に直接意見を言える試みも始まりました。この前のNHKの芸術劇場ではその様子が流れていましたが、「歌が聞こえてこない」とか一般人がいろいろ注文をつけるのです。マニアな質問もありますが、初心者らしき人でも果敢に質問していました。オペラのマネジメントのプロかつ巨大組織のトップが1ファンの声を聞くっていうのは本当に画期的なこと。

オペラでランチのページ(フランス語)

応援いつもありがとうございます!クリックよろしくお願いします。
人気ブログランキング参加中!
[PR]
by musica_k | 2005-04-04 21:29 | 音楽、舞台鑑賞

熱狂の日~la folle journee

b0031950_1328285.jpgフランスの北西部ナントの街で、95年から始まった試みをご存知でしょうか。それは、今やヨーロッパ有数の音楽祭となった「ラ・フォル・ジュルネ(熱狂の日)」です。その日本版が今年の4月29日~5月1日に日本で初めて開催されます。第一回のテーマはベートーベン。

これのウレシイところは、クラシックコンサートなのにチケット代が映画並みの1500円に抑えられていること。にもかかわらず、諏訪内晶子や小山実稚恵、大友直人といった一流どころの演奏が聴けることです。そのほか、プログラムの長さを1時間弱にしてとっつきやすくしたり、会場を小さく区切ってライブハウスのように演奏者の熱気が伝わるようにしたり。当然、チケットは売り切れたプログラムも多いそうですが、今からでも挑戦する価値アリです。
そもそも、私が欧米への旅行にこだわる理由に、日本でのクラシックのコンサートの値段が高すぎることがあります。シーズンオフの航空券なら、オペラとクラシックを3回ほど見れば元がとれてしまいます。しかし、このチケット代と質ならわざわざ欧米まで飛ばなくてもいいですね。

あと、4月28日にエーロー市長が丸ビルフォーラムで講演するイベントもあるそう。なんでもこの市長さん、39歳で当選してから斜陽だった市をよみがえらせたやり手のよう。

応援いつもありがとうございます!クリックよろしくお願いします。
人気ブログランキング参加中!
[PR]
by musica_k | 2005-03-31 13:03 | 音楽、舞台鑑賞

現代ピアノの挑戦

b0031950_1443272.jpg大阪・梅田のフェニックス・ホールは私が1番好きな音楽ホール。土曜はそこ主催の「ピアノはいつピアノになったか?」というシリーズの最終回に行ってきました。
このシリーズは演奏者や曲目ではなく、使用するピアノそのものに重点をおいた企画で、演奏だけでなく、移り変わるピアノの構造や時代背景の解説つきです。このトークがよくあるクラシック初心者向けのものではなく、それなりに深い。(もっとマニアックなことは渡されるレジュメに書いてある)でも笑いのツボもちゃんと押さえていて、ほんとに楽しいんです。曲目だけ変えてもう一回全く同じ企画を繰り返してほしいよ。
最終回は、最新のピアノの動向。2台の自動演奏ピアノ以外に、舞台はアンプやらスピーカーやらノートパソコンが散らばった状態。オランダから来た作曲者が、主題だけ弾くと、あとは機械が一定の法則に基づいてその主題を次々と変奏してくれるとか。もう音楽は音楽でなくなっていて、すごい実験的な試みばかりでした。確かに、これだけ聞かされると絶対寝ると思うけど、面白いトークがあるから「なるほどー」と寝るヒマなしでした。

応援いつもありがとうございます!クリックよろしくお願いします。
人気ブログランキング参加中!

4月10日には、バッハの時代のチェンバロでフランス組曲など、シューマンの時代のピアノでユーモレスクなどを演奏するコンサートがあります。このシリーズの成功を意識しているのかな?個人的に気になってます。
フェニックスホールのHP
[PR]
by musica_k | 2005-03-21 15:11 | 音楽、舞台鑑賞

かわゆい男の子

今回の旅では、もちろんプティ・バトーのお店に入りました。そこでとっても素敵な経験をしたので、ご報告。ポワシエを買いに行ったとき、通りすがりにプティ・バトーの路面店があったのでふらりとのぞいたんです。子供服のお店なので、店内に遊びスペースがあるのですが、そこで3歳くらいの男の子が一人でお絵かきをしてたんです。ママンはお買い物中みたい。私がその子を見てたら、お絵かきしてる手から鉛筆を落としたの。するとその子は近くに立ってた私に、「落っこちちゃった、拾って」って私にお願いしてきたの。明らかに外国人の私なのにね。でも、それくらいのフランス語は雰囲気もあって分かったので、その鉛筆を拾ってあげました。「ヴォワラ」って言ったらにこっとして「メルスィ」って言ってくれたんです。
書いてみたら、どーってことない話なんですが、男の子超かわゆかったー。ほんと、そのままプティ・バトーのモデルになってそうなかんじ。このときすごい急いでたんですが、この子のおかげですごく癒されました。

応援いつもありがとうございます!クリックよろしくお願いします。
人気ブログランキング参加中!
[PR]
by musica_k | 2005-03-16 12:16 | 音楽、舞台鑑賞
b0031950_1251089.jpgいや~久しぶりに感嘆しました。ただいまAMP版世界初演の「危険な関係」をひっさげて、あのアダム・クーパーが日本ツアー中です。それを見に行ったのですが、さすがでした。ダンサーには最初から期待してたので、あまり驚きませんでしたが、特に音楽、照明、大道具の素晴らしいこと!演出のために非常灯を消してたくらい。やはり一流は違うわ~。最後は1階席の前方の観客は総立ちで拍手でした。
ただ、1幕の終わりにA.クーパーが乙女を襲うシーンがあって、それをかなりしつこくえんえんと続けるので1幕終わりの拍手はまばらでした。あれはひくよね~。あとユーモアのあるシーンがいくつかあるんだけど、あまり笑いがとれていませんでした。

この話は、パリと関係あるんですよ。原作は18世紀のパリの上流社会が舞台で、大道具もバロック調。ベルサイユ宮殿の鏡の間をもう少し質素でほこりっぽくしたようなかんじ。衣装も素敵で、特に最後の悪女役赤と黒のがしびれました。

応援いつもありがとうございます!クリックお願いします。
人気ランキング参加中!
[PR]
by musica_k | 2005-02-27 21:48 | 音楽、舞台鑑賞

王は踊る

b0031950_1250191.jpg先日書いたベルサイユ宮殿が舞台で、主人公はあのルイ14世という映画はご存知でしょうか。それが「王は踊る」です。踊ることが大好きだった王様とお抱え宮廷作曲家とのお話です。私はサントラも持ってますが、BGMとして聞くのになかなかですよ。この当時の音楽は舞踏会など実用のために作られたもの。この後出てくるベートーベン~の時代以降、音楽は純粋にそれ自身を聞いて感銘をうけるものになってくるからです。だから聞くのにもちょっと気構えがいります。

逆に何かをしながら気軽に聞くのなら、この時代の宮廷作曲家たちの音楽は使えると思います。あまり有名どころでないので、聞き覚えがないのも個人的には好きです。
映画の紹介は以下で。もちろん、ベルサイユに行ったことの有無にかかわらず、絢爛豪華さに感心すること受けあいです。
王は踊る


最近来てくれる方が多いので、クリックもよろしくお願いします。
人気blogランキング参加中!

[PR]
by musica_k | 2005-01-16 13:05 | 音楽、舞台鑑賞