パリと日本で舞台、買い物、美食、夜遊びを楽しむ女二人旅。パリのお得情報もお楽しみに!


by musica_k

カテゴリ:日本でパリ!( 25 )

ごぶさたしてました。復活です。

さて、先日の移民系の暴動によって、やはりフランスは少しダメージを受けたみたい。特にフランスのGDPの6.5%を占めると言われる観光業に与える悪影響は早めに処理しておく必要があり。(以前、概略で計算したところによると、パリを歩いている人の4分の1は観光客だそうな)
そこで、フランスは政府あげてのキャンペーンを行うそうです。これがけっこう魅力的なので、紹介したいと思います。

1)フランスへの往復航空券(もちろんエールフランス) 
2)ロワール地方のシャトー・ド・ボーリュー2泊分宿泊券
3)パリの超高級ホテル、ムーリスの3泊分の宿泊券
4)フランス国鉄1等席で3日間乗り放題券 
5)ラファイエット商品券100ユーロ/人
6)プランタン商品券100ユーロ/人

これが全部ついた旅行が1組2名様に当たります!かなりゴージャスです。ついでに飛行機をビジネスにしてくれたら格がとれたたかな?
1組と言わず、10組くらい太っ腹に募集してほしいもんですが、日本だけじゃなく世界各国でやってるみたいなので難しいみたい。
締め切りは1月15日(日)です。

ところで、パリを訪れる日本人観光客はそれほど減っていないようです。同時テロでのNYや鳥インフルエンザのときの東南アジアのように激減したケースもありましたね。これはパリの日本人ツーリストは個人客も多いからだそうです。確かに個人客って多少の事件では旅行をキャンセルできない事情もありますからね。私も身に覚えがあります・・・。

フランス政府観光局プレゼントのHP


応援いつもありがとうございます!クリックよろしくお願いします。
人気ブログランキング参加中!
[PR]
by musica_k | 2005-12-26 06:20 | 日本でパリ!

フランスの暴動と移民

フランスで、ついに夜間外出禁止令が出始めました。パリ市内のレピュブリック広場でも暴動が起こったと聞いてかなり残念です。暴動の中心はパリ郊外なので、観光客が巻き込まれる可能性は低いと思いますが、先進国でこういう状態になるとは異常です。
いくら18歳以下の単独での夜間外出禁止令とは言え、それ以上の大人でも良識があれば外出を控えますよね。ナイトライフが自粛されるパリなんて、パリじゃない!
でも、これはフランスに根強く残る移民問題・階級社会が背景にあることは間違いないです。

欧米先進国に共通して言える移民問題は、日本人にはまだ実感がわかない点だと思います。
でも、パリを2、3日旅行するだけでその片鱗は分かるのではないでしょうか。道路掃除やトイレ掃除をしている人はたいてい黒人です。エッフェル塔のそばの高級住宅街を歩いているのは、白人ばかりです。ぱりっとしたスーツを着たアラブ系はあまり見かけません。
当然、仕事の質が違うと給料も違いますし、子どもの教育費にも差が出てきます。その結果、下流から上流への流入ができなくなるんですよね。

今、話題の光文社新書「下流社会」を読んでいるので、こういう問題が起こると、いろいろ考えてしまいます。日本もいずれは欧米のような社会になるのかな・・?と。

応援いつもありがとうございます!クリックよろしくお願いします。
人気ブログランキング参加中!
[PR]
by musica_k | 2005-11-09 06:54 | 日本でパリ!

阪神優勝セール

b0031950_8514447.jpg
いま、阪神百貨店本店で大々的に優勝セールやってるので行ってきました。

特にワイン売り場がオススメ!普段から阪神のワイン売り場は品そろえと保存状態がよいのですが、かなり激しい(笑)お値段になってます。だいたい日本での売値の半額強になっているので、本国で買うのと同じ程度の価格で買えます。今日までだから急いで行くべし!
しかも一種類1ダース限定など時間によって違うワインが出てくるので運も試せます。私が行ったときはラクリマ・クリスティが千円で出てました。


自分で買っちゃったのはサルディーニャ島の赤。かなりスパイシーです。最初はイベリコ豚に合わせるスペインワインがほしかったのですが、スパークリングしかなかったので。
種類限定なので、フランスとイタリアがほとんどでした。オーストラリアがちょこっとあるくらい。まぁ、日によって違うのかもしれませんが。


応援いつもありがとうございます!クリックよろしくお願いします。
人気ブログランキング参加中!
[PR]
by musica_k | 2005-10-06 08:51 | 日本でパリ!

パリ?のアレンジメント

b0031950_10335565.jpg
初秋を感じさせる、とっても素敵なアレンジメントをいただきました。

このごろは花束もアレンジメントもいろんなお花やさんの手によるものが多くありますよね。しかし、なかなかツボにはまるものは少ないと思ってます。例えば何色もガーベラを使ったアレンジメントはかわいくて無難だけど、ちょっと面白みに欠ける気がします。その他、明らかに売れ残りの花を適当に挿したなっていうアレンジメントもありますよね。

このアレンジメントを作成したのは、実は南大阪の泉大津のお花やさんなのです。場所が分からない人のために言うと、だいたい関空のちょっと北の市です。ここにハイセンスなお花やさんがあるとはちょっとびっくりでした。(失礼)
しかも、都心じゃないだけにコストパフォーマンスがかなりいいです。写ってはいませんが、このアレンジメントにも素敵な包装がされてたんですよ。5、6000円くらいには見えるな、と一人うなずいてしまいました。

花屋四季(はなやしき)
泉大津市東助松町2-9-1
0725-32-1601 木曜休

応援いつもありがとうございます!クリックよろしくお願いします。
人気ブログランキング参加中!
[PR]
by musica_k | 2005-09-14 12:30 | 日本でパリ!

フランスのアンティーク

b0031950_21575276.jpg
この前の週末、アンティーク家具を○十万円分買いこんじゃいました!

買ったのは寝椅子というのか、お城に住んでるお姫さまが気だる~く腰掛けてそうな小振りのアシンメトリーな長椅子と、それと同じ生地を張った椅子。長椅子は六十年前、椅子は百年前のものです。もちろん両方ともフランス製!
生地は新しいのに張り替えてあるのですが、イメージしてもらうならベルサイユ宮殿のマリー・アントワネットの部屋の壁みたいなイメージかな?重厚な王や王太子の部屋とは違って軽やかな模様です。

ところが写真を取り忘れたので、次にねらっているテーブルの写真でご容赦下さい。納品されたあかつきには必ず写真をアップします。

応援いつもありがとうございます!クリックよろしくお願いします。
人気ブログランキング参加中!
[PR]
by musica_k | 2005-07-11 21:57 | 日本でパリ!

サン・トロペ特集

b0031950_1211755.jpgバカンスの季節が目前にせまってますね。
さて昔、小さな南仏の田舎町にすぎなかったサン・トロペを有名にしたのは、ブリジット・バルドー。BBといえばサン・トロペというくらい切り離せない関係。

今月の雑誌グラマラスには、サン・トロペが特集されています。BBの写真はあまりないけど、BB風の装いをしたモデルがポーズをとっていて、とても素敵だったので購入してしまいました。普段は立ち読みですませる雑誌だけど、今月は買い!
モデルのファッションが60年代風なだけでなく、写真の撮り方もわざと色あせた昔の写真のように印刷してて、ものすごく雰囲気出てます。ぜひぜひ、ご覧アレ。古今のスターたちのバカンスファッションもゴシップぽく載ってます。

応援いつもありがとうございます!クリックよろしくお願いします。
人気ブログランキング参加中!
[PR]
by musica_k | 2005-06-14 12:17 | 日本でパリ!

ドレッシングの容器

b0031950_918155.jpg
これは下の記事のキムカツにあったドレッシングの容器。上の取っ手を回すと中のスティックが回転して油とその他が混ざるんです。さすがだな~と思って。

でも実際はかき混ぜてもすぐ油が分離するので、かける食材のすぐ上で斜めに持って(速度は落として)かき混ぜながらかける工夫はいりました。

これ、市販されてるのを見た方いますか?私が知らなかっただけかな…

応援いつもありがとうございます!クリックよろしくお願いします。
人気ブログランキング参加中!
[PR]
by musica_k | 2005-06-08 09:18 | 日本でパリ!

ライフログ追加

前回、「昼下がりの情事」の記事をアップしたので、ライフログも追加してみました。画像なしだけど・・・

他にもお気に入りのCDを追加。
ライフログ増やしたのは久しぶりです。
みなさん、結構たくさんストックされてますよね。私ももっとリストを増やしていかないといけないかな??

応援いつもありがとうございます!クリックよろしくお願いします。
人気ブログランキング参加中!
[PR]
by musica_k | 2005-05-08 13:25 | 日本でパリ!

市庁舎前のキス

b0031950_18533347.jpg写真家ドアノーが撮ったパリ市庁舎前で、名もない恋人たちがキスしている写真がオークションで2000万円で売れたそうです。そしたらちょうどいいタイミングで、京都でドアノー展をやっていることが判明しました。もちろん「市役所前のキス」も展示中です。HPで写真も見られます。

ドアノー展(5月8日まで)→好評のため22日まで延長します

私はこれよりも、「ピカソのパン」の写真のほうが好きだなー。晩年のピカソってかなり味がある顔してるし。

さて、この写真がなぜそんなに評価されているのかというと、パリの何気ない日常を絶妙なカットで捉えているからだと思います。メトロのホーム、信号待ちの交差点、公園のベンチ。特に20代前後の恋人たちは、会話がとだえて目が合うとキスしてた記憶があります。パリの乾いた空気だとそれが似合うんだなぁ。いくつかヨーロッパの国をまわったけど、フランスほどキスの多い国はなかったと思います。私が初めてパリに行ったのは1998年なのですが、老若男女が場所を選ばずキスをしていることにはびっくりしましたねぇ。このへんのとこ、夏目漱石の経験からあまり進化していないような・・・・(^_^;) 


しかし、ここ2、3年パリに行っても以前ほど恋人たちのキスが見られません。一日歩き回っていても全く見なかった日もあるほど。どうしたんだろー?なぜ?非常に疑問です。誰か分かる方いません?

応援いつもありがとうございます!クリックよろしくお願いします。
人気ブログランキング参加中!
[PR]
by musica_k | 2005-05-02 12:02 | 日本でパリ!

カフェきさら堂と恵文社

今月は、まったく土曜日に更新してませんねぇ。いかんわ。

b0031950_16335857.jpg先日、京都・一乗寺に行ってきました。そもそもの目的は、京都市立美術館で開かれていた「フィレンツェ展」(すでに終了)を見にいくこと。そして、この界隈では外せないカフェきさら堂と恵文社(書店)に行ってきました。
きさら堂は、壁一面をギャラリーとしてアーティストたちに貸し出しているオーガニック・カフェ。驚いたのは、あまりの静けさです。東大路通りに面しているので、クルマの騒音は多少聞こえるのですが、店内はかけ時計のチクタクという音ばかり。店員さんも静か、お客さんも静か。誰にも邪魔されない時間が楽しめました。それに、実はお値段も安いんです。オーガニックなのにチャイが400円、ケーキセットが600円。
恵文社はその道の人(って分かるかな?)にはかなり有名だと思われる書店です。思っていたより広く、またびっくり。絵本や雑貨も志が高い!と思わせるものが多かったです。パリ関係の本(お部屋紹介とか、小物を買う旅とか、写真の多いあの系統)も揃っているので、なかなか楽しめました。
まさに感性にひたる半日でした!

応援いつもありがとうございます!クリックよろしくお願いします。
人気ブログランキング参加中!
[PR]
by musica_k | 2005-04-23 16:39 | 日本でパリ!