パリと日本で舞台、買い物、美食、夜遊びを楽しむ女二人旅。パリのお得情報もお楽しみに!


by musica_k

<   2005年 03月 ( 17 )   > この月の画像一覧

熱狂の日~la folle journee

b0031950_1328285.jpgフランスの北西部ナントの街で、95年から始まった試みをご存知でしょうか。それは、今やヨーロッパ有数の音楽祭となった「ラ・フォル・ジュルネ(熱狂の日)」です。その日本版が今年の4月29日~5月1日に日本で初めて開催されます。第一回のテーマはベートーベン。

これのウレシイところは、クラシックコンサートなのにチケット代が映画並みの1500円に抑えられていること。にもかかわらず、諏訪内晶子や小山実稚恵、大友直人といった一流どころの演奏が聴けることです。そのほか、プログラムの長さを1時間弱にしてとっつきやすくしたり、会場を小さく区切ってライブハウスのように演奏者の熱気が伝わるようにしたり。当然、チケットは売り切れたプログラムも多いそうですが、今からでも挑戦する価値アリです。
そもそも、私が欧米への旅行にこだわる理由に、日本でのクラシックのコンサートの値段が高すぎることがあります。シーズンオフの航空券なら、オペラとクラシックを3回ほど見れば元がとれてしまいます。しかし、このチケット代と質ならわざわざ欧米まで飛ばなくてもいいですね。

あと、4月28日にエーロー市長が丸ビルフォーラムで講演するイベントもあるそう。なんでもこの市長さん、39歳で当選してから斜陽だった市をよみがえらせたやり手のよう。

応援いつもありがとうございます!クリックよろしくお願いします。
人気ブログランキング参加中!
[PR]
by musica_k | 2005-03-31 13:03 | 音楽、舞台鑑賞
b0031950_18365066.jpgぎりぎり28日の日付で投稿できるかと思っていたら、無理だった。先週はかぁなりまめに更新したから、今週も頑張ろうと思っていたのにクヤシイ。

さて、今日は以前も宣言していたようにFIGARO最新号の南仏特集を見て惹かれたことを。今回はスミレの村、トゥーレット・シュル・ルーを取り上げます。南仏にスミレの名産地があるってことはあまり有名ではないですよね?でもパリの花屋さんのスミレの大部分を産出する村なんです。場所はカンヌとニースの中間点を内陸に入ったところ。スミレの季節はそろそろ終わりなので、急げ!

さて、スミレの使用法でメジャーなのは(欧米人にとって)砂糖漬けかな。マザーグースの詩にも出てきますよね。この村唯一のクレープリー・デザールではスミレのアイスが食べられるそうです。日本の観光地でもよくある方法?でもスミレだけあって、ほんとに不思議な美しさの群青色なんです。

Creperei Des Arts
7,route de Vence 06140 11:30~15,18:30~22:30 無休

やはりまめに更新すると順位が上がりますね。クリックよろしくお願いします。
人気ブログランキング参加中!
[PR]
by musica_k | 2005-03-29 00:09

ヴィンテージものを買う

b0031950_13153396.jpg昨日の補足です。
自分のメモをかねて、次回行ってみたいヴィンテージもののお店をリストアップ。

Les Trois Marches
1 r.Guisarde サン・シュルピス教会の北。Mabillon駅下車。
エルメスとシャネルのヴィンテージ。

Didier Ludot 
24 galerie de Montpensier パレロワイヤル西回廊。
高級ブランドのヴィンテージ。


応援いつもありがとうございます!クリックよろしくお願いします。
人気ブログランキング参加中!
[PR]
by musica_k | 2005-03-26 02:19 | ブランドショッピング

高級ブランドを安く!

フランス旅行の楽しみは、高級ブランドを買うことにあるって女性は多いと思います。それが全てではないですが、私もフランス旅行の楽しみのひとつにブランド・ショッピングがあると思ってます。

さて、基本的に高級ブランドを買うには、本国の本店で買うのがオーソドックスなやり方。やっぱり「本店」という響きがよいし、品揃えや店構えを楽しむという付加価値がありますからね。お値段も、日本で買うことを思えば安いです。今はユーロ高(1ユーロ140円程度)といっても、免税手続きをすれば、日本より安く買えるお品が大半。

しかし、もっと安く買いたい方にはそれなりの方法が。ひとつはおととい書いた、のみの市や古着屋さんで状態のよいものを狙うという手。のみの市でもヴィンテージのシャネルスーツやバレンシアガが出たりするのであなどれません。

もうひとつは、ブランドもののシーズン落ちのものやサンプルものを買う方法。こういうお店は、パリではモンパルナス近くのアレジア通りに集まっています。ここは行ったことないんですが、次こそはぜひ行きたいと思っています。ソニア・リキエルのアウトレットがあるそう。観光客が集まる場所からは離れていますが、それだけにお買い物上手なパリジェンヌがよく出没するらしいですよ。

応援いつもありがとうございます!クリックよろしくお願いします。
人気ブログランキング参加中!
[PR]
by musica_k | 2005-03-25 20:30 | ブランドショッピング

シラク大統領夫妻

b0031950_2154243.jpg26日の土曜日、フランスからシラク大統領が来日します。23日の朝日新聞には単独インタビューが載っていました。彼は大の日本びいきで日本の中世や美術に関する知識は趣味の域を超えています。いずれにしても日本人として、悪い気はしませんよね。
シラク氏が愛知万博の視察がてら3月末に来日すると聞いたとき、「あ~これは相撲も見るな」と思いましたが、まさしくそのとおりで、現在大阪で開かれている春場所の14日目を観戦します。国技館ならVIP席があるのですが、府立体育館ならどうするのかしら?大臣クラスでも警備は結構厳しくなるのに、元首、しかも大国の、そしてお客様としてなんだから!

さて、私はパリでシラク大統領を見たことがあるのですよ。以前、パリのパレードの記事を書きましたが、そのときにシラク氏が黒塗りのクルマでパレードに参加したのをちろっと見たのです。オープンカーではないのでほとんど手だけでしたが、まわりの人々が「シラークだわ!シラークよ」というのが印象に残ってます。(シラクじゃなくてシラークとアクセントをつけて言うみたい)

私の友人はさらにすごくて、シャネル本店でシラク夫人に会ったんですよ!そのとき私は別行動だったのが残念です。友人が言うには小柄だったらしいですが、さすが上流階級のマダムっぽかったそうです。
大統領官邸であるエリゼ宮はシャネルの本店の近くにあるんですね。エルメス本店のあるフォーブル・サントノレ通りを西にずっとまっすぐ行ったところが官邸なので、あのへんのブランド街は、警備がしっかりしてて安全です。

応援いつもありがとうございます!クリックよろしくお願いします。
人気ブログランキング参加中!
[PR]
by musica_k | 2005-03-24 20:33

お得に使う、のみの市

ヨーロッパでは規模の大小はありますが、のみの市がよく開かれます。パリでも有名なのみの市がいくつかあって、行かれた方も多いのでは。最も有名なのはクリニャンクール。個人的にはやや規模が小さいのですが、ヴァンプがなかなか掘り出し物が見つかるのでオススメ。
日本人バイヤーもよくこのへんのお店をめぐっては、商品を仕入れているみたいです。しかしねー、この実情を知ると日本のオシャレなセレクトショップで買い物できなくなりますよ。夢をこわすようなことを言いますが。のみの市で売られていた商品に日本で出会ったことがあるのですが、だいたい10倍の値段がついてますね。2ユーロのブローチが3900円で売られていたのを見たことがあります!

しかし、裏を返せば、セレクトショップのバイヤーと同じことが、一般人の私たちにもできるわけです!
特にヨーロッパは階級社会なので、上流階級の人たちは日本人にとって信じられないことをする んですね。それが寄付。服は1回着たら終わりってクラスの人も結構います。もったいなー!と思うなかれ。その服がどうなるかというと、のみの市やら古着屋さんにまわってくるのです。私たちはそれをいただく(正しくは激安の値段で買う)のです。
これで、私は状態のよい超有名ブランドの○○(定価は20万近く)をほぼ100分の1の価格で手に入れてしまいました!!ホントは品物も買った値段も披露したいのですが、それを使っているのを知人に知られるのは、さすがの私でも見栄ってもんが・・・・
だって、みんな定価で買ったと思ってくれているんだもの。せめて「ヨーロッパの本店で買ったから安かったよ」と言うことにしましょう。

応援いつもありがとうございます!クリックよろしくお願いします。
人気ブログランキング参加中!
[PR]
by musica_k | 2005-03-23 20:43 | 個人旅行のコツ

FIGAROの南仏特集

b0031950_20533879.jpg前回今回のフィガロのコート・ダ・ジュール特集は、前回のパリ特集よりもいいかも!
なぜかというと、美しい風景写真がいっぱいだから。パリ特集だとどうしてもお店の紹介がメインになってしまいますよね。だって、パリの魅力のひとつはお買い物にあるのは間違いないですから。
でも南仏だとお店があまりない分、ホテルや村の風景が中心になるんですよね。それがフィガロのような美しい写真雑誌にさらに彩りを添えてます。

今回もエズやマントンなど、駆け足で通り過ぎていては見えない小さな村の様子がレポートされていて、旅好きの血が騒ぎました。4回目のフランス旅行では、早春の南仏を旅したので、知ってる地域も出てきて、懐かしいんです。マントンのレモンは酸味は普通のレモンと一緒だけど、甘み(!)が2倍ですごく滋養のある味、なんて記事を読むと・・・・

また細かいお店は後ほどアップしようと思います。表紙の写真も南仏っぽくないので変えよう・・・

以前の記事はこちら

応援いつもありがとうございます!クリックよろしくお願いします。
人気ブログランキング参加中!
[PR]
by musica_k | 2005-03-22 21:04 | 日本でパリ!

現代ピアノの挑戦

b0031950_1443272.jpg大阪・梅田のフェニックス・ホールは私が1番好きな音楽ホール。土曜はそこ主催の「ピアノはいつピアノになったか?」というシリーズの最終回に行ってきました。
このシリーズは演奏者や曲目ではなく、使用するピアノそのものに重点をおいた企画で、演奏だけでなく、移り変わるピアノの構造や時代背景の解説つきです。このトークがよくあるクラシック初心者向けのものではなく、それなりに深い。(もっとマニアックなことは渡されるレジュメに書いてある)でも笑いのツボもちゃんと押さえていて、ほんとに楽しいんです。曲目だけ変えてもう一回全く同じ企画を繰り返してほしいよ。
最終回は、最新のピアノの動向。2台の自動演奏ピアノ以外に、舞台はアンプやらスピーカーやらノートパソコンが散らばった状態。オランダから来た作曲者が、主題だけ弾くと、あとは機械が一定の法則に基づいてその主題を次々と変奏してくれるとか。もう音楽は音楽でなくなっていて、すごい実験的な試みばかりでした。確かに、これだけ聞かされると絶対寝ると思うけど、面白いトークがあるから「なるほどー」と寝るヒマなしでした。

応援いつもありがとうございます!クリックよろしくお願いします。
人気ブログランキング参加中!

4月10日には、バッハの時代のチェンバロでフランス組曲など、シューマンの時代のピアノでユーモレスクなどを演奏するコンサートがあります。このシリーズの成功を意識しているのかな?個人的に気になってます。
フェニックスホールのHP
[PR]
by musica_k | 2005-03-21 15:11 | 音楽、舞台鑑賞

昨年のANAマイレージ

昨年のANAのマイレージの詳細が郵便で届きました。みなさんはマイレージはどこでためてますか?私はなんとなく3年ほどANAでためてます。ABROADやマイレージの達人たちは「ユナイテッドがいい」とか「ノースウェストがいい」とか言ってますが・・・・・
ANAマイレージの欠点はやはり有効期限があること。逆に長所は日系なので日本の国内線の無料航空券をゲットするのに有利なのですね。国内の航空券って往復の値段じゃないから、意外に近場の海外よりも割高。それに気づいたことと、ここ数年はたまたまスターアライアンス系の航空会社を欧米線で使うことが続いたので(ANA、エアーカナダ、オーストリア航空、ANA)、ANAでためてます。やはりマイレージは長距離でためて、短距離で使うっていうのがいいんじゃない?

さて、昨年の私のマイレージは、このブログネタのパリ旅行でたまったものが半分。伊丹~成田間が往復540マイル、ちょうどこの時期国内線キャンペーンだったのでさらに500マイル。そして成田~パリ間で往復8800マイル。そして、ネット経由でチケットをとったことに対してサービスで500マイル。あと、これが大きかったのですが、高島屋カードを使うと8%分もらえるポイントをANAマイレージに移管したのが21000マイル。これはちょうどキャンペーン中だったため。普段はこの半分しかもらえないので注意。
全部で今年は30500マイルたまりました(^o^)vさあ、次はどこへ行こうかな?

応援いつもありがとうございます!クリックよろしくお願いします。
人気ブログランキング参加中!
[PR]
by musica_k | 2005-03-17 22:12 | 個人旅行のコツ

かわゆい男の子

今回の旅では、もちろんプティ・バトーのお店に入りました。そこでとっても素敵な経験をしたので、ご報告。ポワシエを買いに行ったとき、通りすがりにプティ・バトーの路面店があったのでふらりとのぞいたんです。子供服のお店なので、店内に遊びスペースがあるのですが、そこで3歳くらいの男の子が一人でお絵かきをしてたんです。ママンはお買い物中みたい。私がその子を見てたら、お絵かきしてる手から鉛筆を落としたの。するとその子は近くに立ってた私に、「落っこちちゃった、拾って」って私にお願いしてきたの。明らかに外国人の私なのにね。でも、それくらいのフランス語は雰囲気もあって分かったので、その鉛筆を拾ってあげました。「ヴォワラ」って言ったらにこっとして「メルスィ」って言ってくれたんです。
書いてみたら、どーってことない話なんですが、男の子超かわゆかったー。ほんと、そのままプティ・バトーのモデルになってそうなかんじ。このときすごい急いでたんですが、この子のおかげですごく癒されました。

応援いつもありがとうございます!クリックよろしくお願いします。
人気ブログランキング参加中!
[PR]
by musica_k | 2005-03-16 12:16 | 音楽、舞台鑑賞