パリと日本で舞台、買い物、美食、夜遊びを楽しむ女二人旅。パリのお得情報もお楽しみに!


by musica_k

おすすめお花見スポット

b0031950_23514958.jpg先週末からお花見に向けて、カウントダウンが私の中で始まっています。もう次とその次の週末はお花見の予定いっぱい。平日も夜桜の予定が複数入っています。ついでにスキンもお花見の期間限定ですが、変えてしまいました。

というわけで、まず先週はお花見の下見ということで京都に行ってきました。
写真は私がひそかにお勧めする知恩院の写真です。あ、もちろんまだ桜は咲いていませんでしたが。


いつもありがとうございます!クリックお願いします。
人気ブログランキング参加中!
[PR]
# by musica_k | 2006-03-27 23:52
機種変したのが原因で、どうも携帯からの写真つき投稿ができないようです。
添付の方法が悪いのかもしれません。

最終的に、PC経由で画像をアップしました。お待たせして申し訳ありません・・・
[PR]
# by musica_k | 2006-03-14 09:02
b0031950_1431648.jpg年末にディナーを食べに行ったレストランオカモトにランチを食べにいきました。一言で言うと、千円でこのメニューでやってけるんというくらいのボリュームと味。中でも1番感動したのが写真の塩・スパイス入りオリーブオイル。これをバケットにつけて食べる美味しさといったら!
メニューはサラダ・パン・メイン・デザートに飲み物。これだけでもすごいのがわかりません??

ここは本当においしいからお勧めですよ

レストランオカモトのHP

いつもありがとうございます!クリックお願いします。
人気ブログランキング参加中!
[PR]
# by musica_k | 2006-03-10 20:30 | 美食
b0031950_22334019.jpg今年はカチューシャがすごく流行ってますよね。
ただ、昔にあったものとはやはり違う感じ。
個人的にはプッチ柄みたいな鮮やかな色合いで太めなものをつけたいな。エルメスのミニスカーフをたたんで巻くのもいい感じだと思います。

でも、ひとつ難点があるんです。私がいいなと思うカチューシャは布の面積が広い分、高い!8000円をヘアアクセひとつにかけるのは無理。何とかならないかなあと思っていたら、いい方法を見つけたので、ご披露します。

まず、太めのシンプルなカチューシャを買います。私はギャル向けのアクセ屋さんで600円でゲット。次にフランス発のソーイング小物のお店「ドログリー」にGO!大阪だと心斎橋の東急ハンズの裏に割と大きなお店があります。そこで、好みのリボンを40~50センチ買います。1メートル1500円クラスのリボンがお勧め。そのリボンをカチューシャにかぶせ、端を左右から折り曲げて黒のゴムで留めます。

私は黄色とオレンジの地中海っぽいリボンにしました。これを休日に白いTシャツとデニムに合わせたらかなりかわいいと思います。

次は、もうちょっとシックな感じのカチューシャの作り方をアップしますね~。

いつもありがとうございます!クリックお願いします。
人気ブログランキング参加中!
[PR]
# by musica_k | 2006-03-06 00:55 | 美人の素
b0031950_23514693.jpg
感激しましたねー。荒川静香さんの金メダル。映像が流れるたびに、何の関係もない私ですらじーんときてしまいます。

彼女がフリーで使った曲は、プッチーニのオペラ「トゥーランドット」から「誰も寝てはならぬ」でした。ダッタンの王子カラフがトゥーランドット姫との愛を成就させようと自分を鼓舞させるアリアで、「夜明けに私は勝つ!」というセリフが出てきます。

この曲を超有名歌手パヴァロッティがトリノの開会式で歌ったときはうれしかったですねえ。引退宣言してたのに、やるなぁと。

実は私の海外オペラデビューはNYでの「トゥーランドット」なんです。最初の導入部分を聞いてなんだか涙が出てくるくらい、感動しやすい曲です(笑)でもそういう扇動的な曲を使うというのも、オリンピックの舞台では必要でしょうね。

そんなことを考えながら、荒川さんの演技を見ていました。本当にベストな演技ができてよかったね。

いつもありがとうございます!クリックお願いします。
人気ブログランキング参加中!
[PR]
# by musica_k | 2006-02-24 23:51 | 個人旅行のコツ
b0031950_21575398.jpg

ごぶさたしてました。
ちょっと自慢になっちゃいますが、MACのディズニーとのコラボのリップを3つも買ってしまいました。発売日当日に友人にお願いして、並んで手に入れてもらったもの。
後で知ったのですが、各店舗30個限定とかで、ヤフオクなどではものすごい高値で売られてました。
しかも、このキャラクターは今のものではなくて、昔のディズニーのキャラクターなのです。ちょっとレトロなところがかわいいでしょ。ミスバニーちゃんがいちばんキュートだけれど、MACぽいのはカフェオレ色のトラくんかな。

私がMACに初めて出会ったのは、もう10年くらい前と意外?に古いんです。もちろん日本にはまだ入っておらず、すごく憧れてました。今のMACって割とかっこいい系のギャル向けだけど、そのときはもっとアーティスト系のイメージだったなあ。

とりあえず、これは使ってもポーチの中から出して自慢するために小物になりそう・・・・

いつもありがとうございます!クリックお願いします。
人気ブログランキング参加中!
[PR]
# by musica_k | 2006-02-19 21:58 | 美人の素
b0031950_17142796.jpg冬のパリだと、やっぱ貝でしょ。ってことで前回のパリでは牡蠣とムール貝を食べるのをひとつの目標にしました。今回はムール貝の
お話。牡蠣はリッツでランチを見てね。

さて、ムール貝はパリの魚やさんの店先にドドンと積んであるのでおなじみです。今回私たちが行ったのは超お手ごろな「レオン」というお店。ビストロといえばパリ風でかっこいいけど、店内はほんと日本のファミレスみたいな雰囲気です。パリ市内に何店かありますが、サン・ジェルマン駅から少し行ったところにあるお店が観光客にもメジャーなよう。服装に気を使わず行けます。

オススメはもちろん、ムール貝。ル・クルーゼ風のカラフルなお鍋に山盛り出てくるので、日本人なら2人で1皿がちょうどです。パン(安物ですが)もつけ合わせに出てくるし、小食なおふたりさまなら、これで十分。私たちはそれだけでは悪いかな~とか理由づけてデザートも頼みましたが。

味は、これがまたサッポロの「塩らーめん」にそっくりなんです。あの汁にもう少しセロリをきかせて、そこに大量のムール貝を入れたかんじ。欧米に行くと、塩気に飢えるので一段とおいしく感じますよ。脂っこくもないし、やや疲れた体にはぴったり。高級レストランの感動はないけど、パリでの外食にしてはかなり安いし、また食べに行くと思います。ムール貝は一皿(鍋?)12ユーロくらいだったと思います。


最近また順位があがってきてうれしいかぎりです。いつもありがとうございます!
人気ブログランキング参加中!
[PR]
# by musica_k | 2006-02-09 17:15 | 美食
東横インの事件について、旅を愛する者からひと言。(今回はパリとは関連づけられませんでした・・)

ちょうど国内旅行をしようと思っていた時期だったので、今話題だし、と思って東横インのHPで料金を調べてみました。すると安いのなんのって。地方でも都市でも簡単な朝食つきのツインで7000円とかで泊まれるんですね。そりゃお客も来るわ。
そして、もう一つ驚いたのが全国の支配人がほとんど女性なんですね。謝罪会見にも女性部長さんが同席してましたし、従業員もほとんど女性と思われます。すごく女性に優しい企業ですよね。

・・・ってそんなこと素直に信じるわけがありません(笑)
おそらく大多数の女性従業員はパートでしょう。てことは企業にとっては大幅な経費削減につながります。そこそこの年齢の男性を全国のホテルで働かせようと思ったら、かなりの待遇をコミットしないと無理なはず。しかし女性ならパートで福利厚生なしでも喜んで働いてくれるでしょう。それに地方の雇用機会創出にも貢献しているはず。
それ以外もビジネスモデルとして、かなりうまいと思いますが、そういう女性の活用の仕方ってなんとなく悲哀感がただようねえ。

今回の違反については「そこまですると、露骨すぎ」ですし、一連の失言については「言っていいことと悪いことがある」ってことを学校で習わなかったのか?

ここは安くてきれいな2つ星レベルのホテルだと思うので、海外から日本に来る旅行者にとってもありがたかったホテルだと思います。これを機に志を高くもってほしいものです。

応援いつもありがとうございます!クリックよろしくお願いします。
人気ブログランキング参加中!
[PR]
# by musica_k | 2006-02-08 00:28
b0031950_0154539.jpgこの情報を手にしたとたん、「すごい・・・」って叫んでしまいました。
なんと、明日4日、難波の高島屋にピエール・マルコリーニ本人が来店するそうです。それ以外にも、ミシェル・リシャールとかピエール・ルドンとか、ショコラ界の大物が大阪に大集合。

そもそも、ヨーロッパの有名チョコレート専門店が東京に大挙して進出してきたのが、ここ4、5年の話。関西でバレンタインの時期限定で買えるようになったのが2、3年前からですしね。それを思うと、ブランドの御大が直接来るようになるとは、高級ショコラ市場の広がりと人々の舌の肥えっぷりに感心します。

ちなみに、私はストラスブールでリシャールのお店に行ったことがあります。白い壁で、本当にショーウィンドウの飾りつけが素敵なお店でした・・・・

・2月3日(金) 13時~、15時~
ミカエル・アズース

・2月4日(土) 13時~
ピエール・マルコリーニ (サイン可)

・2月5日(日) 14時~
ミシェル・リシャール

・2月7日(火) 13時~
ピエール・ルドン (サイン可)


いずれも高島屋大阪店(各線なんば駅下車)に来店です。
(東京や名古屋の店舗に来たショコラティエもいる模様)

※ちなみに、うめだ阪急には「ル・コルドン・ブルー」日本校からショコラティエが10人!来るようです。


応援いつもありがとうございます!クリックよろしくお願いします。
人気ブログランキング参加中!
[PR]
# by musica_k | 2006-02-03 07:16 | 美食
バレンタインのために入手するのは少し難しいかもしれないけれど、最近ヒットだったお菓子を紹介します。

それは「アラスカ」のパウンドケーキです。
このレストランは谷崎潤一郎の名作「細雪」にも登場するくらい伝統のあるお店なんです。50代以上の人にとっては「アラスカ」でお食事というのは、かなりステイタスがあることらしいので、目上の人への贈り物にもいいかも。実は私も最近、このお店のすごさを知ったばかりなのですが・・・・
本店は中之島の朝日新聞ビルですが、梅田の阪神百貨店や東京などにも支店があります。オリジナルの菓子折りなども置いてあるのですが、今回オススメしたいのは不定期に出る紅茶のパウンドケーキ。

実はこれ、結婚式の引き出物に配られるものなのです。しかしお店の方に聞いてみたところ、予約しておけば余分に焼いて販売してくれるとのこと。結婚式のある週末は販売していませんが、平日なら置いてある場合もあります。もちろん、バレンタインに間に合わなければ、ぜひ自分のご褒美にいただいちゃいましょう。ほかにオレンジ、チョコなどがあります。お値段は1575円から。

【訂正】予約のみでなく、平日なら置いてある場合もあるそうです。

アラスカのHP

応援いつもありがとうございます!クリックよろしくお願いします。
人気ブログランキング参加中!
[PR]
# by musica_k | 2006-01-31 07:25 | 日本でパリ!
そろそろ、バレンタイン用のお菓子が出揃ってきましたね。大切な人にあげるため、という名目をかかげて自分用ちょっとずつ買い込んでしまう日が続いています。
先日は、以前から南大阪で評判の高かったT.Yokogawaの本店に初めて行ってきました。駅からやや遠く、ちょっと不便だったので二の足を踏んでいたのです。

そもそもの動機は、以前阪神間に住んでいて現在は東京在住の友人にお土産としてあげるにはどこのお菓子がいいかな、ということでした。阪神間にはこういうパティスリーはいっぱいあるし、デパートにも入っていたりするからちょっとつまらないかなと。T.Yokogawaもデパートに入っていますが、ターミナル駅じゃないので、そうそう普通には手に入らないはず。

お店はそんなに大きくないのに、かなり混んでいました。生チョコがおいしいと聞いていたので、「マンゴー」の生チョコを購入。そのほかにもクッキーが一枚50円からばら売りで買えます。週末だったからか、ホールのケーキもかなりたくさんの種類がありました。地方発送もしてくれますし、HPもあるので遠方の方もぜひ見てみるべし。

ちなみにパティシェの方は、TVチャンピオンになったこともある方です。
私の今年のバレンタインはここで決まりかも。。。

T.Yokogawaのホームページ

応援いつもありがとうございます!クリックよろしくお願いします。
人気ブログランキング参加中!
[PR]
# by musica_k | 2006-01-30 19:57 | 日本でパリ!

パリのバス

b0031950_16145417.jpg旅に出ると、日本とは全く違った公共の乗り物に乗るのも楽しみのひとつ。公共交通を使うと、一般人の様子がとてもよく分かるから。

パリで使う公共交通といったら、第一はバスではなくメトロ(地下鉄)だと思います。
記事にしながら何ですが、私はあまりバスは使いません。やはりパリ市内は一方通行と交通渋滞があるので、時間がかかってしまうことと、旅行者には路線が分かりにくいことが原因です。
でも時間があれば、これくらい楽しい乗り物もないです。車高が高いから見晴らしもよく、移動しながら観光ができちゃいます。階段などを登る必要がないのも脚の悪い方には楽でしょう。夜なら地下鉄より心理的に安心です。

切符は地下鉄と共通で、カルネなども使えます。2006年は1回1.2ユーロ?くらいのはず。
乗るときは地下鉄の売り場などで先に切符を買っておいたほうが便利で、乗ったらすぐ機械で印をつけます。

海外のバスといえば、ロサンゼルスで乗ったバスがいちばん記憶に残ってますね。
ご存知のように、ロスは車社会。バスに乗るのは車を持てない貧しい階層の人たちなんですね。車内も英語よりもスペイン語の方が多く飛び交ってましたし、アジア人ですら私一人でかなりびっくりしました。
昨年ハリケーン・カトリーナの被害状況が報道されたときに、このロスのバスを思い出しました・・・

こういうことが肌で分かるから、公共交通に乗るのはやめられません。危険という人もいますが、先進国ではスリさえ気をつければ昼間は大丈夫です。

応援いつもありがとうございます!クリックよろしくお願いします。
人気ブログランキング参加中!
[PR]
# by musica_k | 2006-01-20 07:17 | 交通手段